本文を読み飛ばす

自分のパソコンのOSをWindowsからUbuntuに完全移行した.

2019.9.3追記
タイトルから「その1」を外しました.続きを書くのが面倒くさくなったのでやめます.

前々から思っていたことだったが,パソコンのOSをUbuntuシングルブートに変えたいと思っていた.

しかし,様々な懸念事項や不安もあり,なかなか実行できずにいたが, ついに決心し,決行した.

というわけで,やったこととかの記録.何回かに分けます.

Ubuntuは本当に必要なのか

そもそも,Linuxが本当に必要なのかという話である.

僕がしたいのはTeXによるレポート作成,C言語やPythonでのちょっとしたプログラミング, Web関係の色々,事務作業・・・なのだが,明らかにWindowsでも十分なのだ.

Ubuntuを入れたかった理由

1つめは,コマンドに慣れたかった.という理由である.

WebサーバーのOSといえば,大体Linuxである(RedHatやらCentOSやら).Windows Serverはほとんど見かけないし,僕が関与するWebサーバーも全部CentOSで,SSHでコマンド打っての作業もする.

コマンドは何度も打てば,指が覚える.というのが僕のポリシーなのだ.覚えたければ,とにかく使うこと.それが大事.

コマンドは使ってなんぼ.使う回数を増やすための一つの方法が,メインOSをUbuntuに変えるということだった.

2つめ,1つめと少しかぶるが,使うコマンド類は統一したかった.という理由である.

PCを使うときに,頭の中で「あ,今Windows使ってるからあれだ」とか考えるのがめんどくさいし,かっこ悪い気がした.

3つめ,単純にフォントが好き.
Windowsのシステムフォントのように,メリハリが付いたクッキリフォントよりも,表示が少しぼやけてる感じのUbuntuのフォントのほうが好き.なんてくだらない理由なんだ.

Windowsがなくなることで困ることと対策

  • iTunesでiOS 端末の管理ができない.
    • そもそも,iOS端末を個人的に所有してない.
    • 家族共用のiPadは,バックアップ先をiCloudに切り替えて対応.
  • iTunes Storeが使えない(曲が買えない)
    • 過去に買ったファイルはすべてダウンロードした
    • たぶんもう使わない
  • Office関係
    • レポートはTeX
    • MSのOffice Onlineや,Google ドライブで十分.最悪libreoffice使う(今までのファイルも問題なく開けた)
  • OneDrive,Google ドライブのアプリがない
    • これが一番困ったかも.というのも,基本的に作ったファイルは,PCでOneDriveの同期フォルダに直接突っ込んでいたため,バックアップの手間がなかった.
    • 当面はブラウザ運用.定期的にアップロードしないといけない.めんどい.
    • Linuxでも同期ができるツールとかはあるっぽい.

というわけで,次回は,完全移行までの流れを.